NEWS

【北星学園大学】ニューロダイバーシティ&インクルージョン シンポジウムのサテライト開催のお知らせ

2018年11月27日

多様な発達特性を有する学生が社会で活躍するための高等教育・就労支援のあり方を考える「ニューロダイバーシティ&インクルージョン シンポジウム」を、本学をサテライト会場として開催します(ライブ配信映像の視聴となります)。
発達障害に関する新しい概念「ニューロダイバーシティ(神経学的多様性)」を日本でも実現するために、障害者差別解消法に基づく権利保障という観点に加えて、多様な発達特性を有する学生の才能を引き出し、社会で活躍するために必要な高等教育・就労支援のあり方を議論します。
入場は無料で、どなたでもご参加いただけますが、事前申し込みが必要です。
申込フォームは以下のリンクからお願いします。

 

  • 日 時:2018年12月18日(火)15時~18時
  • 場 所:北星学園大学C館7階 C700教室
  • 定 員:100名
  • 申 込:オンラインフォーム https://goo.gl/qW9VRV

■プログラム■

<第一部>
基調講演『何があってもお陰様!困難を乗り越え、自分らしく生きる』
落語家 柳家花緑 氏
対談:山口 香 氏(筑波大学体育系 教授、柔道家)

<第二部>
パネルディスカッション『多様な発達特性を有する学生の高等教育・就労支援のあり方とは?』
佐々木 銀河 氏(筑波大学 准教授)
鈴木 慶太 氏(株式会社 Kaien代表取締役)
名田 憲史 氏(大学生発達障害当事者コミュニティBeU代表)
ファシリテーター:近藤 武夫(東京大学先端研准教授)
企画代表 竹田一則(筑波大学教授)
 
詳細はこちらをご覧ください。

【北星学園大学】北星フェアトレードの活動が北海道新聞に取り上げられました

2018年11月26日

本学の萱野 教授(経済学部)と経済学科・経営情報学科の学生が取り組んだフェアトレードに係る活動が、11月22日の北海道新聞に取り上げられました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。
 
フェアトレード
【北海道新聞社許諾D1811-1905-00020643】

【北星学園大学】北星オリジナルワインの完成及びセンチュリーロイヤルホテル様とのコラボディナーのお知らせ

2018年11月21日

 

本学経済学部経営情報学科の西脇ゼミでは、学生がワイナリーでブドウを栽培、収穫し、ボトルラベルのデザインを考えてオリジナルワインを制作、マーケティングを行って販売するというプロジェクトを続けてきており、本年で10周年を迎えました。
この度、2018年度版北星オリジナルワイン「十一房の葡萄X(ten)」を来る11月下旬より販売することに伴い、このワインに合う特別ディナーコースを、学生とセンチュリーロイヤルホテルのシェフ、古川浩気様が約3ヶ月にわたるミーティングと試作・試食を重ね、「北海道マリアージュTwinkle Stars(ツインクル・スターズ)」として提供することとなりました。
場所はセンチュリーロイヤルホテル(中央区北5西5)の23階スカイレストラン「ロンド」にて、12月1日(土)~12月31日(月)までの期間限定(12月22日~25日は除く)となります。ディナーの詳細は、センチュリーロイヤルホテル様のディナー紹介チラシをご覧ください。
なお、北星オリジナルワイン「十一房の葡萄X(ten)」は、本学では販売しておりませんので、ご注意ください。ご注文、お問い合わせは、北海道ワイン様(0134-34-2181)までお願いします。
 

 

<関連リンク>

【女子中高】飲酒運転撲滅に向けた書道教室の様子が北海道新聞に取り上げられました

2018年11月20日

札幌中央署が11月15日に本校を会場に開催した「飲酒運転撲滅に向けたメッセージを書道で表現する教室」の様子が、11月19日の北海道新聞夕刊に取り上げられました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。
 

北星女子
【北海道新聞社許諾D1811-1905-00020626】

【附属高】生徒が参加した「あつべつ食の文化祭」が北海道新聞さっぽろ10区(トーク)に取り上げられました

2018年11月13日

附属高校ホームメイキング部は、3年前に始まった「あつべつ食の文化祭」に毎年参加しており、オルソン株式会社様と共同開発した商品を販売しております。去る10月25日~27日に本年度の食の文化祭が行われました。
その時の模様が、11月9日の北海道新聞さっぽろ10区(トーク)に取り上げられました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。
 

商品開発