NEWS

鈴木ゼミの除雪ボランティアの様子が北海道新聞に掲載されました

2019年02月13日

 
本学の鈴木克典 教授(経済学部 経営情報学科)とゼミ生が上富良野町への雪はねボランティアツアーに参加し、除雪の負担を軽減する「マッスルスーツ」を着用して除雪を行うという試みの模様が、2月3日と6日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

 
地域連携ボランティア
▲マッスルスーツを着て除雪する鈴木教授【北海道新聞社許諾D1902-1908-00020878】
 

地域連携ボランティア
▲除雪する鈴木ゼミの学生たち【北海道新聞社許諾D1902-1908-00020876】
 

地域連携ボランティア
▲他のボランティアと協力して除雪
 

地域連携ボランティア
▲参加学生は女子学生。その大活躍ぶりに、他の参加者よりお褒めのお言葉を頂戴しました

河野教授のコメントが北海道新聞に掲載されました

2019年02月01日

本学の河野和枝 教授(社会福祉学部)の「学童保育職員数や資格の基準緩和」に係るコメントが、1月28日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

地域活動と防災
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020820】

岡田教授のコメントと講演の模様が北海道新聞に掲載されました

2019年01月30日

 
本学の岡田直人 教授(社会福祉学部)の、地域活動と防災に係るコメントが1月26日の北海道新聞に、また北見で開催された「支え合いの地域づくりフォーラム」において行った講演の模様が、1月27日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

地域活動と防災
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020828】

 

支え合いの地域づくりフォーラム
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020827】

北星学園創立百周年記念館が切手になりました

2019年01月30日

 
北星学園には、かつて北星学園女子中高に務めた宣教師たちの住居として1926年に建てられた「北星学園創立百周年記念館」があり、国の「登録有形文化財」に指定されています。
以前、建築画家の島口暉生(しまぐち てるお)氏に創立百周年記念館を描いていただいたことがありましたが、この度、島口氏が北海道の西洋館を描いた絵画を題材としたオリジナルフレーム切手「北海道の西洋館」が発売されることとなり、その中の一枚に創立百周年記念館が含まれました(切手には「旧北星女学校宣教師館」と記載されています)。
切手は1月28日から販売されています。ご希望の方はお早めにお求めください(本法人及び設置各校での取扱いはありません)。

 
<関連リンク>
オリジナルフレーム切手「北海道の西洋館」

創立百周年記念館について

【北星学園大学】萱野教授のインタビュー記事が北海道新聞に掲載されました

2019年01月28日

本学の萱野智篤 教授(経済学部)が、会長を務める「フェアトレードタウンさっぽろ戦略会議」に係るインタビューを受け、その記事が、1月26日の北海道新聞に掲載されました。記事の詳細は画像をクリックしてご覧ください。

萱野教授のインタビュー記事(フェアトレードタウンさっぽろ戦略会議)
【北海道新聞社許諾D1901-1907-00020821】



3 / 1112345...最後 »